39000円フルオーダーメイド

フルオーダースーツ 39 ライン

スーツお仕立て入門にも最適!!! 国産生地使用のフルオーダー

2013122194722.jpg

¥39,000(税別・本体価格)

【注】バスト・ウエスト・ヒップのいずれかが120㎝以上の場合は、生地使用量が増えるため20%増しとさせて頂きます。
 
●ウール100%、機能性生地など最新の国産生地200種からチョイス
●絶妙のサイジングを形にするこだわりのカウンセリングと緻密な採寸。
●生地だけではなく、裏地、釦、デザインを自由に選択
●完全国内縫製
 
2013122194722.jpg 2013122194722.jpg 2013122194722.jpg 2013122194722.jpg

 

流行のデザイン、ラインを追求したスーツは、ご自身の身体にフィットしてこそ美しい。
ノンストレスの着用感で快適に1日を過ごすことができます。「良い」スーツは、モチベーションとポテンシャルを高め、着る人がお仕事・プライベート等あらゆるシーンで実力を発揮するための最強のツールとなります。高額なスーツを「一生モノ」として大切に着て頂く一方で、気軽に仕立てられる「良い」スーツで、毎日を素敵に暮らしませんか?
 

ここがポイント

フル・オーダーでこの価格

完全予約制によるパーソナルな空間で、丁寧にカウンセリング。わからないことやご希望など遠慮なくおっしゃってください。ベテランのフィッターが体型・肉付き・骨格など15カ所の採寸ポイントを精緻に計測。お客様だけの型紙を制作し、一着一着丁寧にお仕立てします。

完全国内生産

スーツの仕上りを決める縫製も妥協しません。
オーダーメイドとは言っても、低価格のスーツは海外の工場で大量生産しています。当店では完全国内生産を貫き、厳しい品質管理のもとで仕上げています。

2着目以降は採寸無しでもOK

もちろん、お時間を頂けましたら、毎回採寸させて頂きます。

スペック

2013122205554.jpg
男性用スーツのお仕立て
●厳選国産生地(100種類)
 ※通常お仕立上り価格8万円クラスの生地

●ジャケット・デザイン(12種類)
●ラペル(=衿9種類)
●前カット型(7種類)
●胸ポケットの種類(2種類)
●腰ポケットのデザイン(型4種類・12パターン)
●パンツのデザイン(6種類)
●脇ポケットのバリエーション(4種類)
●後ろポケットのバリエーション(12種類)
●裏地(24種類)
●釦(26種類)
 
 
 
 
201312220568.jpg
女性用スーツのお仕立て
●厳選国産生地(100種類)
 ※通常お仕立上り価格8万円クラスの生地

●ジャケットデザイン(20種類)
●フロントカットデザイン(5種類)
●ベントデザイン(5種類)
●衿デザイン(4種類)
●胸ポケット(19種類)
●腰ポケット(18種類)
●袖デザイン(5種類)
●袖口デザイン(4種類)
●裏仕様(2種類)
●スカート(3種類・11パターン)
●パンツ(4種類・7パターン)
●脇ポケットデザイン(2種類)
●後ろポケットデザイン(6種類)
●裏地(24種類)
●釦(40種類)

オプション料金

ダブルでのお仕立て +7,800円(税別)
スペアパンツ、スペアスカート 11,700円(税別)
ベスト 11,700円(税別)
バスト・ウエスト・ヒップのいずれかが
120㎝以上の場合
+7,800円(税別)
仮縫い 3,000円(税別)
股擦れ防止裏地(シック) 無料
お受け渡し時の調整 無料

スーツのお手入れのポイント

・上質なウール生地でお仕立てしているので、着用後軽くブラッシングしてハンガーに吊して頂ければ、
 座り皺などを楽に再生させることができます。
・雨に濡れた場合はどは、軽くタオルドライした後ハンガーにかけ風通しの良い場所に下げてください。
・札入れなど重量のあるものをポケットにいれると型くずれの原因となります。

39ラインお仕立てにあたっての注意点

*必ず一度はご来店のうえ採寸をお願いしています。
*お仕立て品のため、お誂え後のキャンセルは出来かねます。 
*表示金額は、標準体型シングル・スーツお仕立上りの税別価格です。
*20%OFFお仕立て券につきましては、対象外とさせて頂いております。 
*バスト、ウェスト、ヒップのいずれかが120㎝以上の方は、割増し料金がかかります。 
*本コレクションには、礼服生地は含まれません。通常の黒無地のスーツ地となります。 

お仕立ての流れ

STEP01 生地選び

最初に生地を選びます

最初に生地を選びました。
スーツの印象をがらっと変える部分ですので色々な柄を慎重に選びます。

僕の場合は、自分のイメージに合ったものをお店の方に選んでもらいました。

明確なスーツのイメージがなくても、使うシチュエーション等を相談するだけで、
スーツのプロがアドバイスしてくれるのは良いですね。

矢印

STEP02 シルエットを選ぶ

スーツのシルエット(かたち)を選びます


スーツのシルエット(形)を選びます。

ゆったり目の物からキッチリ絞った細めの物まで対応できるそうです。
僕の今までのスーツは比較的ゆったりした物だったので、
今回は細いラインの物にしました。
 

矢印

STEP03 裏地を選ぶ

裏地を選びます


スーツの裏地を選びます。

こんな部分でも色々な生地から選べるのはオーダースーツならでは。
僕は深い紫色の裏地にしました。

矢印

STEP04 ボタンを選ぶ

ボタンを選びます

こんな所までオリジナルの物に差し替えられるなんて知りませんでした。

今までこだわった事はありませんでしたが、
ボタンひとつで随分スーツの印象って変わるものですね。

矢印

STEP05 採寸

採寸します


骨格肉付き姿勢を考慮して、丁寧に採寸してもらいました。

学生のころ陸上部だった僕は、太ももの筋肉がはっていてパンツがぱつぱつになるのが悩みでした。
きちんと採寸するので、細身のシルエットでもゆったり楽な着用感になるそうです
出来上がりは一ヶ月後。友人の結婚式にも間に合いました。
とても丁寧に対応してもらえたので、待っている期間もワクワクして楽しい気分でした。
仕立に時間をかけてもらえることで、むしろ安心感が増しました。
ページ上部へ